南石堂町商店街あれこれ

〝蟻の市〟アルバイト募集

"蟻の市"は今年で64年目を迎える、長野駅前の夏の風物詩とも言える南石堂町商店街振興組合が主催する夏祭りです。

動員数は2日間で約1万人ほどが来場し、来場する方たちは自分が小さい時、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんと一緒に来ていたが、今はお孫さんを連れて来ているという方々も多く、家族で楽しめる夏祭りです。

また、開催日が木曜日、金曜日という平日開催の為、近隣の企業では例年、蟻の市で暑気払いをする例が多く大変な賑わいをみせています。

近年、どこの地域も少子高齢化の中でお祭りも縮小せざるを得ず、寂しくなっていますが、蟻の市では昔の雰囲気を残しながらも、お子さんから高齢の方まで楽しめる企画となっています。

ついては、毎年40人ほどのアルバイトにお手伝いをいただいており、そのアルバイトを募集します。当商店街組合活動の一環として、高校生、専門学校生、大学生が社会勉強する機会でもあると考え対応しています。

多くのご応募をお願いします。また、希望者があればご紹介ください。

IMG_6570.JPG


■イベント名      蟻の市

■主   催      南石堂町商店街振興組合

■開 催 日 時      8月1日(木)~8月2日(金)               

■開 催 場 所      南石堂町商店街振興組合・駐車場(長野市南石堂町1262)

■勤 務 時 間      8月1日 14:30~21:30   

            8月2日 15:30~21:30

■アルバイト代     1日 : 5,000円

・Tシャツは支給します。

・夕食<弁当>付(食事休憩の時間有り)

・定員 40名

☆申込書は下記よりダウンロードください。

2019蟻の市アルバイト募集.pdf

連絡先:南石堂町商店街振興組合・事務局

電 話:026-228-0294 Fax:026-228-2271

Mail:minami37@mx1.avis.ne.jp

ご応募は間違いを予防する為、可能な限りメールまたはFaxで(名前、住所、性別、学年、携帯or電話を必ず記入)お申込みください。

※締切:7月23日(火)

[ 詳しくはこちら ]

〝蟻の市〟出店者募集について

当組合では毎年、長野市の"びんずる祭り"前日の2日間、"蟻の市"を開催しています。

"蟻の市"は今年64回目を迎え、長野駅前の風物詩とも言える地域に根付いた家族で楽しめるお祭りです。

2日間で約10,000人もの来場者を数え、長野県内有数のイベントへと成長しました。

今年も昨年に引き続き盛大に"蟻の市"を開催し、"飲食及び物販の市場として「南石堂夜市」実施する予定です。

つきましては、皆さんに是非とも出店していただき、"蟻の市"を盛り上げていただきたいと考えています。

主旨をご理解の上、ご協力のほどをお願いいたします。

IMG_6592.JPG

■開催日   令和元年年8月1日(木)~2日(金)

■出店時間  15時~21時(両日とも) 

■開催場所  南石堂町商店街振興組合 第1駐車場1F(出店場所)

※出店は物販、飲食、広報及び案内(PR)いずれも可です。

■出店費用  1区画(1.8m×2.7m) 5,000円(2日間)

※詳細は申込書に記載しています。

※原則1区画のみになります。

当日2日間の駐車場はこちらで確保します(1出店者1台は無料)

※キッチンカー等、車でご希望の場合は要相談で、ご希望に添えないこともあります。

蟻の市の様子は当商店街ホームページに写真等で詳しく掲載しています。ご覧ください。

URL: https://minami-ishidocho.com/arinoichi/

◎申し込みは別紙申込書に記入の上、FAXまたはメールにてお願いいたします。

出店可否及び詳細のご連絡については、後日とさせていただきます。

※ご不明な点は南石堂町商店街・南石堂夜市 事務局までお問い合わせください。

(℡:026-228-0294 Mail:minami37@mx1.avis.ne.jp)

☆下記ダウンロードください。

蟻の市出店のお願い.pdf

出店募集フォーマット/2019版.pdf

[ 詳しくはこちら ]

商店街を学びの場として

皆さん、こんにちは。

事務局です。

本日はテーマを「商店街を学びの場として」としました。

「学びの場」という捉え方はさまざまあると思います。

例えば、商店街を東京にある〝キッザニア〟みたいにしてしまう「学びの場」という捉え方。

しかしこれは、各店舗といろいろと決め事をしないといけませんし、

発想は面白いですがすぐにはできません。

それでは、今回はどんな「学びの場」と捉えるか?

学生さんでも高校生の皆さんでもいろいろと課題を出されることがあるかと思います。

レポートや卒論など、学生さんだとさまざまな課題があるかと思います。

「どう書いたらいいんだろう?」「このテーマを書く上でのポイントは?」

頭を抱えることも多くあるかと思います。

女性とパソコン.jpg

学生時代の私もそうでした。

私は「地域政策」というものを専攻していたので、

いつも出される課題はとにかく地域に関わることです。

まぁ、そうした経験の上で今があるわけですが、

私がお伝えしたいことは、何かそうした課題に悩むことがあったら、

この南石堂町商店街振興組合の事務局に遊びに来てください。ということです。

一応、地域に関わるテーマであれば(じゃなくていいですが)、

どんなテーマでも幅広く話を聞ける政策オタクの事務局員がいます。笑

6年間研究して、そうした分野のお仕事を東京で10年間ほどしてましたので、

経験としてはまあまあでしょう。。。

レポート画像.jpg

おそらくお話をしていく中でその悩みのテーマ以外でも見えてくるものをご提供できるんじゃないかなと思います。

長野出身じゃない学生さんも多くいるかと思いますので、

長野以外の事例や皆さんの地元のお話もいろいろできればと思っています。

レポート・卒論何でも構いません。

ただ、土日は事務局が開いてませんのでご注意を。

頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。

☆南石堂町商店街振興組合事務所

https://minami-ishidocho.com/about/index.php#access

南石堂町商店街駐車場【駐車場管理規定】について

南石堂町商店街駐車場の駐車場管理規定を掲載します。

ご利用の方は必ずお読みください。

下記からPDFでもご覧になれます。

駐車場管理規定/新/20160520.pdf

南石堂町商店街駐車場【駐車場管理規定】

1. 駐車場名称 南石堂町商店街駐車場

  所在地 長野県長野市南石堂町1262―2他 

2. 駐車場管理者

(1) 所 在 地 長野市南石堂町1262-2

(2) 名   称 南石堂町商店街振興組合

(3) 代 表 者 理事長

第1章 総則(第1条~第6条)

第2章 利用(第7条~第13条)

第3章 駐車料金及び算定等(第14条~第17条)

第4章 引取りのない車両の措置(第18条~第21条)

第5章 保管責任及び損害賠償(第22条~第27条)

第6章 附則(第28条~第30条)

第1章 総  則

 (通則)

第1条 本駐車場(以下「駐車場」という)の利用に関する事項は、この規定による。

 (契約の成立)

第2条 駐車場の利用者(以下「利用者」という)は、この規定を承認のうえ駐車場を利用するものとする。

 (営業時間)

第3条 駐車場の営業時間は、毎日午前7時から翌午前7時までの24時間とする。

 (時間制利用の利用時間)

第4条 駐車場の1回の利用(定期券による利用を除く)は、駐車券を受け取った日から起算して原則72時間を限度とする。ただし、やむをえない場合には、駐車場管理者(以下「管理者」という)の判断によりこれを延長することができる。

 (営業休止等)

第5条 管理者は、次の場合には駐車場の全部又は一部について、営業休止、車路の通行止、駐車した自動車(駐車場法第2条第4号に定める自動車、以下「車輌」という)の退避(以下「営業休止等」という)を行うことができる。

(1) 天変地異による大雪、災害、火災、浸水、爆発施設又は器物の損壊その他、これ等に準ずる事故が発生又は発生する恐れがあると認められる場合。

(2) 保安上営業や場内出入通行に支障を生じ継続が適当でないと認められる場合。

(3) 工事清掃又は消毒を行うため必要があると認められる場合。

(4) 当組合でイベント等を行う場合。

 (駐車できる車輌)

第6条 駐車場に駐車することのできる車輌は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第9号の自動車のうち、大型自動二輪車及び普通自動二輪車以外のもの(以下「四輪自動車」という)は、積載物又は取付物を含めて駐車場内線枠内であることとし長さ5.0m以内、幅1.8m以内、高さ2.2m以内、最低地上高15cm以上、及び重量2t以下全ての条件を満たす車両に限る。但し、管理者が許可した車輌は、その限りではない。

  第2章 利  用

 (駐車場の入出等)

第7条 自動駐車料金精算機器にて管理し、入口1通路、出口1通路の一車路一方向制である。

(1) 車輌が入庫するときは、入口駐車券発行機の発券ボタンを押し駐車券の発行を受け、線枠内の指示する駐車位置に入庫するものとする。

(2) 車輌が出庫するときは、出口自動駐車料金精算機に駐車券を挿入し、所定の駐車料金を支払い出庫するものとする。

(3) 駐車場の管理上必要があるときは、出入口の一部を閉鎖することができる。

 (駐車位置の変更)

第8条 管理者は、駐車場の管理上必要があるときは、駐車位置を変更させることが出来る。

 (駐車場内の通行)

第9条 利用者は、駐車場内の車輌通行に関しては、次の事項を守らなければならない。

(1) 速度は、基本的に徐行が原則であり時速4km毎時を越えないこと。

(2) 追越しをしないこと。

(3) 出庫する車輌の通行を優先すること。

(4) 警笛をみだりに使用することなく静かに運転すること。

(5) 標識、信号機の表示又は係員の指示に従うこと。

 (遵守事項)

第10条 前条に掲げる各項目の他、利用者は駐車場において、次の事項を守らなければならない。

(1) 駐車場内では火器を使用しないこと。

(2) 紙屑、空き缶、ペットボトル及び吸いがら等のゴミは各所定の容器に入れること。

(3) 他の利用者の駐車位置、駐車料金精算機器周辺にみだりに立ち入らないこと。

(4) 運転者は駐車場内において飲酒、賭事及び喧騒に亘る行為等をしないこと。

(5) 場内において宿泊しないこと。

(6) 車輌を修理する場合は駐車線枠内にて行うこと。

(7) 駐車場内での車輌の洗浄行為はしないこと。

(8) 場内の施設、器物、他の車輌及びその取付物等に損傷を与え、又はその他の事故が発生したときは直ちに管理者に届け出ること。

(9) 駐車中はエンジンを必ず停止し、車輌を離れるときは窓を閉め、扉及びトランクには施錠をして盗難防止に努めること。

(10) 場内においては営業行為及び演説、宣伝、募金、署名運動その他公安を害する行為は絶対にしないこと。

(11) その他業務又は他の利用者の妨げとなる行為をしないこと。

 (入庫拒否)

第11条 管理者は、駐車場が満車である場合は駐車受付を停止するほか、次の場合には駐車を拒絶し、または車輌を退去させることができる。

(1) 駐車場の施設若しくは器物又は他の車輌その積載物若しくはその取付物を滅失し、き損又は汚損するおそれがあるとき。

(2) 車輌備え付けのガソリン携帯缶を除き引火物、爆発物その他の危険物を積載し又は取り付けているとき。

(3) 著しく騒音又は臭気を発するとき。

(4) 非衛生的なものを積載し、若しくは取り付けているとき、又は液汁を出し、若しくは積載物をこぼすおそれがあるとき。

(5) 除雪作業等よる場内の安全が確保できない場合、車輌の退去及び駐車を拒絶することができる。

(6) その他駐車場の管理上支障があると認められるとき

 (出庫拒否)

第12条 管理者は、次の場合には駐車した車輌の出庫を拒否することができる。

(1) 利用者が正当な理由なく駐車券を返納しないとき。

(2) 利用者が出庫する場合において所定額の現金、若しくは所定の駐車券認証を受けないとき、又は定期券を提示しないとき。

(3) この規定第13条に規定する措置を取るため必要があるとき。

 (事故に対する措置)

第13条 管理者は、駐車場について事故が発生し又は発生するおそれがあるときは、車輌の移動や静止その他、必要な措置を講ずることができる。

第3章 駐車料金及び算定等

 (時間制駐車料金)

第14条 駐車料金は、車両1台につき以下の通りとする。

(1)駐車料金は駐車場委員会の提案を受け理事会で審議し決定する。

(2)駐車料金については駐車場内に表記する。

(3)駐車券を紛失した場合は駐車券紛失料金を駐車料金とする。

紛失料金価格は精算機で紛失ボタンを押した時に、その価格を画面に表示する。

(時間制駐車料金における駐車時間)

時間制駐車料金を算出するための駐車時間(この条において「駐車時間」という)は、入庫の際に駐車券に記載した時刻から出庫の時刻までの時間とする。

 (月極駐車料金)

月極駐車料金は近隣駐車場の価格と照らし合わせ、概ね乖離のない価格設定とし、契約車両毎の話合いとする。

 (定期券及び定期券料金)

第15条 定期券を発行する場合には、利用者は管理者との間において定期券契約を締結し契約で定めるものの他、以下に定めるところによる。

(1) 定期券は、他人に譲渡、転貸してはならない。

(2) 駐車場が満車であるときは、定期券利用者に対して駐車を断ることがある。

(3) 定期券利用者は、定期券契約において記載した車輌の駐車目的以外に駐車場を利用してはならないまた、定期券利用者が定期券契約において記載した車輌を変更しようとする場合は、所定の変更届けを事前に提出し、管理者の承認を得なければならない。

(4) 定期券利用者が、駐車場内で著しく秩序を乱し、管理上支障をきたすおそれがある場合は、管理者は、定期券契約を解除することができる。

 (サービス券)

第16条 サービス券を下記にて管理者または管理者が定めた代理人が有料(第14条駐車料金にて算出)発行する。

(1) 無料サービス券は、1枚で1時間分の駐車料金相当とする。

(2) 上記サービス券代金は、当組合の組合員がサービス価格で購入できる。

(3) サービス券は理事会が認めた場合、組合員以外でも理事会の承認する価格で購入できる。

(4) 組合員はサービス券を他の第3者に販売することは出来ない。

不正があった場合は理事会において対処を決定する。

 (不正利用者ら対する割増金)

第17条 所定の駐車料金を支払わないで出庫したり、各券の偽造や管理者への無許可変更、定期券の第三者への譲渡や貸与があった場合は、管理者は不正利用者に対し所定駐車料金と別にこの行為に係わる手数料及び調査費、損害金を加算して収受する。

  第4章 引取りのない車両の措置

 (引取り請求)

第18条 規定時間数及び日数を超え駐車する車輌の処置

(1) 時間制利用者が予め管理者への届出を行うことなく第4条に規定する時間数を超えて車輌を駐車している場合又は定期駐車券利用者が定期駐車契約の期間の終了、解約又は解除となった日から起算して72時間を越えて車輌を駐車している場合において、管理者はこれらの利用者に対して通知又は駐車場における掲示の方法により、管理者が指定する日までに当該車輌を引取ることを請求することができる。

(2) 前項の場合において、利用者が車輌の引取りを拒み若しくは引取ることができないとき又は管理者の過失なくして利用者を確知することができないとき、管理者は車輌の所有者等(自動車検査証に記載された所有者及び使用者をいう。以下同じ)に対して通知又は駐車場における掲示の方法により管理者が指定する日までに車輌を引取ることを請求し、これを引き渡すことができる。この場合において、利用者は当該車輌の引き渡しに伴う一切の権利を放棄したものとみなし、管理者に対して車輌の引き渡しその他の異議又は請求の申し立てをしないものとする。

(3) 前2項の請求を書面により行う場合は、管理者が指定する日までに引取りがなされないときは取引を拒絶したものとみなす旨を付記することができる。

管理者は、第1項の規定により指定した日を経過した後は、車輌について生じた損害については、管理者の故意又は重大な過失によるものを除き、賠償の責を負わない。

 (車両の調査)

第19条 管理者は、前条第1項の場合において、利用者又は所有者などを確知する為に必要な限度において、車輌(車内を含む)を調査することができる。 

 (車輌の移動)

第20条 管理者は、第19条第1項の場合において、管理上支障があるときは、その旨を利用者若しくは所有者等に通知、または駐車場において掲示して、車輌を他の場所に移動することができる。

 (車輌の処分)

第21条 管理者は長期(三ヶ月程度)に渡り駐車し出庫しない車輌を処分することかができる。

(1) 管理者は、利用者及び所有者等が車輌を引取ることを拒み、若しくは引取ることができず、又は管理者の過失なくして利用者及び所有者などを確知することができない場合であって、利用者に対して通知又は駐車場における掲示の方法により期限を定めて車輌の引取りを催告したにもかかわらず、その期限内に引取りがなされないときは、催告をした日から3ヵ月を経過した後、利用者に通知し又は駐車場において掲示して予告した上で、公正な第三者を立ち会わせて車輌の売却、廃棄その他の処分をすることができる。この場合において、車輌の時価が売却に要する費用(催告後の車輌の保管に要する費用を含む)に満たないことが明らかである場合は、利用者に通知し又は駐車場において掲示して予告した上で引取りの期限後直ちに公正な第三者を立ち会わせて車輌の売却、廃棄その他の処分をすることができる。

(2) 管理者は、前項の規定により処分した場合は、遅滞なくその旨を利用者に対し通知し又は駐車場において掲示する。

(3) 管理者は、第1項の規定により車輌を処分した場合は、駐車料金並びに車輌の保管、移動及び処  分のために要した費用から処分によって生じる収入があればこれを控除し、不足があるときは利用者に対してその支払を請求し、残額があるときはこれを利用者に返還するものとする。

第5章 保管責任及び損害賠償

 (保管責任)

第22条 駐車時の保管責任について

(1) 管理者は、利用者に駐車券を渡したときから同券を回収するときまで(定期券による利用者にあっては、定期券を確認して車輌入庫させたときから同券を確認して出庫させたときまで)車輌の保管責任を負う。

(2) 管理者は、出庫の際に駐車券を回収(定期券による利用にあっては、定期券を確認して)車輌を出庫させた場合において、管理者に故意又は重大な過失がある場合を除き、その車輌に関する責任を負わない。

 (利用者に対する損害賠償責任)

第23条 管理者は、車輌保管にあたり、第26条の規定による場合及び善良な管理者としての注意を怠らなかったことを証明する場合を除き、車輌の滅失又は損害について、当該車輌の時価、損害の程度を考慮してその損害を賠償する責を負う。

 (車輌の積載物又は取付物に関する免責)

第24条 管理者は、駐車場に駐車する車輌の積載物又は取付物に関する損害については、賠償の責を負わない。

 (免責事由)

第25条 管理者は、次の事由によって生じた車輌又は利用者の損害については、管理者に故意又は重大な過失がある場合を除き、賠償の責を負わない。

(1) 災地変その他不可抗力による事故

(2) 当該車輌その他積載物若しくは取付物の瑕疵又は積載物若しくは取付物の性質による事故

(3) 管理者の責に帰すことができない事由によって生じた衝突、接触その他駐車場内における事故

(4) 第5条の規定による営業休止などの措置

(5) 第13条の規定による措置

 (利用者に対する損害賠償の請求)

第26条 管理者は、利用者の責に帰すべき事由により損害を受けたときは、その利用者に対してその損害を請求するものとする。

(駐車場の管理運営)

第27条 駐車場運営は、本組合事業の一環であり、その運営管理については管理者より駐車場管理委員会に委任される。

第6章 附 則

 (この規定に定めない事項)

第28条 本規定で定めるものの他、必要な事項は理事会の議決を経て定める。

第29条 この規定に定めない事項については、関連する法令に従って処理する。

第30条 本規定は本組合理事会の過半数以上の同意がなければ変更することが出来ない。

本規定は平成28年5月10日より施行する。

南石堂町商店街におけるAED(自動体外式除細動器)の設置場所について

南石堂町商店街では、万が一に備えてAEDをご用意しています。

設置場所は、『ブックオフ長野駅前店』さんです(住所:長野市南長野南石堂町1418)。

事故や災害などさまざまなケースが想定されます。緊急事態の際にご使用ください。 

AEDの取り扱いなどについては、一般財団法人日本AED財団のホームページをご確認ください。

なお、当商店街のAEDは長野マラソンの際の緊急事態でも対応できるようにしております。

【ブックオフ営業時間】10:00~22:00(年中無休)

IMG-1326.PNG

■AEDはレジカウンター向かって左側の壁に設置されています。

IMG-1323.JPG

[ 詳しくはこちら ]

千石稲荷初午祭りが執り行われました⚽

2019年2月2日土曜日の午前11時より長野駅前南石堂町「千石稲荷」で初午祭りが行われました。

千石稲荷は別名『パルセイロ大明神』と呼ばれファンの間では必勝祈願を行うことで有名です。

IMG-0540.JPG

そんなことから、千石稲荷初午祭りでは毎年AC長野パルセイロの方々に来ていただいています。

今年も堀江社長においでいただき、J2昇格と必勝祈願を行い必勝ダルマを贈呈しました。

IMG-0603.JPG

ファンの方々にもたくさんおいでいただき、限定200個の必勝パルセイロ小ダルマをお渡し大変好評でした。

もともとは、末広、千石、北石堂、南石堂町の商売繁盛と健康祈願のために始まった初午祭りですが、

パルセイロさんのおかげで毎年大変な賑わいをみせています。

IMG-0613.jpgのサムネイル画像

今年は新体制になり、J2昇格のため正念場の年です。

ファンの皆さんも試合前にはぜひ千石稲荷パルセイロ大明神で必勝祈願をしてはいかがでしょうか?

AC長野パルセイロの試合スケジュールを確認

南石堂町商店街振興組合
長野県長野市南石堂町1262 TEL.026-228-0294